チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

泡立つ水浸け白米とそば屋のシーフードカレー

【泡立つ水浸け白米】

私はご飯を炊くとき米を水に浸けておく派なのだが、一晩浸けた翌朝にご飯を炊く時間がなかったので、そのまま晩ご飯まで浸けておいても特に問題あるまいと思った。

それで夕方帰ってきて炊飯鍋の中身を確認したら、なんかふつふつ言ってらっしゃる。浸け水に手を突っ込んでみると、ぬるっとした感触。においもいつもと若干違う。

これはやってしまった。5合仕込んでたのに全部無駄になるのか、と思ったが、ダメ元で炊いてみることにした。

 

【そば屋のシーフードカレー】

シーフードカレーのレシピをネットで読み漁ってたが、具なし(あるいは野菜のみ)のカレーを作り、シーフードは別途調理して最後に合わせる、という作り方がだいたいだった。

そこで私もシーフードミックスを解凍し、具なしカレーを作ることにした。

この日用意したのは、ゴールデンカレー辛口のハーフが2箱。近くのスーパーに行くのが面倒だったので、コンビニでそろえた品である。ハーフ1箱につき水700mLだから、2箱あったら2倍の1400mLあればいいのかな、と思い、1400mLの水で仕込むことにした。

シーフードミックスはレンジで解凍するのに限界があったため、少々凍ったままフライパンで加熱することにした。その前におろしにんにくをオリーブオイルで炒めて香りを出しておき、その中にシーフードを投入。

結構水気が出てきたが、とりあえず火を通さなければならないと思い、しばし炒める。

凍ってる部分がなくなったのを確認し、白ワインを入れて5分ふたをして加熱する。

ここまでは大体オーケーなのではないだろうか。

5分後、シーフードにちゃんと火が入っていることを確認して、カレー鍋に投入。

2箱分のルーを割り入れ、溶けるまで混ぜた。

 

……混ぜたんだが、何となくシャバシャバする感じ。

スパイシーではあるが、塩気や旨味が今一つな気がする。

 

1400mLは多かったかな、と思ったが、ルーを投入した後なのでリカバリ不能である。

何かだしの出るものはないかとキッチンを探してみると、一応ある。ほんだしが。

コンソメとか鶏ガラのような肉系ではないよな。ここは魚系で攻めてみようと思い、カレー鍋にほんだしを投入。

結構ガッツリ入れてしまった、と思ったときには、カレー鍋だったものからみそ汁の香り……いや、これはそば屋のカレーにそっくりな和食の香りがする。

シーフードカレーはそば屋のカレーにクラスチェンジしたようだ。こうなってしまうとカレー粉を足しても、『辛いそば屋のカレー』にしかならない。

しかも1400mLと結構な量である。食べないわけにはいかない。

 

【Marriage】

かくして白米とカレーができあがった。

米の香りが若干違うような気がしたが、身体に悪そうな感じはない。

 

後から考えると、カレーにはトマト系の何かを入れてみてもよかったのではないか、という気がしたが、前日まで作り置きのラタトゥイユを食べ続けた身としては、トマト系はもう結構食べ飽きていたのでスルーした。

 

そして夕食は、だしのきいたそば屋風シーフードカレーを酸味のほのかに香る白米にて食す。

このご飯を食べるにはカレーの香気がちょうどよく、カレーにはやや固めの白米が合う。

食べてみたら結構いける、とも思ったけど、次回はいろいろ気をつけて作ろう、と思わざるを得ない。