チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

水平思考パズル

お題「マイブーム」

というわけで、最近『水平思考推理ゲーム』にハマってます。

 

『水平思考推理ゲーム』って何?という方は『ウミガメのスープ』という本はご存知だろうか?

えっ?知らない?

 

では下記の例題を考えていただこう。

 

「レストランでウミガメのスープを食べた男が自殺した。なぜ?」

 

これだけの材料で考えてもわけ分かりませんよね。このゲームは出題者と解答者に分かれて遊び、解答者は出題者にあれこれ質問して明らかにしていくもの。

しかし、出題者は解答者の質問に対して「はい(肯定)」、「いいえ(否定)」、「無関係」の3種類の解答しかすることができません。

解答者はこの3種類の解答に落とし込めるような質問をすることが求められます。クローズドクエスチョンというわけですね。

 

解答を読んでしまえば「なんだそんなことか」とちょっとガッカリする場合もあったり、「そんなの思いつかない。クソゲーだ」とイラっとすることもあったりで、なかなか面白いです。

 

ゲームをやったときはネタ本が手元になかったので、ネットで調べて出題する人もいれば、即興でお題を出す人もいたり。

 

私は初プレイながらその場で問題を作ってみたのですが、最初に設定をカチっと固めるのが足りなかったため、質問への解答がブレブレになり、見事にクソゲー認定されてしまいました。

 

ちなみにクソゲー認定されたお題をもう少し改良(?)したものがこちら。

 

「ある日、医者はオペに失敗して死んでしまいました。なぜ?」

 

以下、問答。

Q「何科の医者かは関係ありますか?」

A「無関係です」

Q「他に死んだ人はいますか?」

A「いません」

Q「失敗は医師の過失ですか?」

A「そうです」

Q「『オペ』とは『手術』のことですか?」

A「違います」

Q「『ある日』は医師の仕事の日でしたか?」

A「違います」

 

みたいな感じで進み、筋書きか死因を当てたらゲーム終了という具合です。

 

『オペ』という言葉を『手術』以外の意味で使うのには、ちょっと無理があったようで……。

 

ウミガメのスープ』以外にも似たようなものとして『ブラックストーリーズ』というゲームもあります。こっちは人死にばかりですが、興味の湧いた方は是非。

 

ポール・スローンのウミガメのスープ

ポール・スローンのウミガメのスープ

 

 

ブラックストーリーズ ファニーデス 本当にあった不思議でおかしな50の“黒い”物語

ブラックストーリーズ ファニーデス 本当にあった不思議でおかしな50の“黒い”物語