チョコ煮

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

自己紹介

夢から覚めた男の話

思えばどれほどの間、正常にふるまおうとしてきただろう。 会社がつらい、外を歩くのが苦しい。 病気と悟られれば、気がふれているのがばれたら、そればかりを気にして生きてきた。 阿呆な話だが、会社がつらいのは私が障害者であることを実力を持って突き付…

理化学研究所の件

非常に間が空きましたが、お久しぶりです。 今日、通勤中にメルマガを見てて、「おっ」と思ったニュースをペタリ。 統合失調症研究に新たな視点 | 理化学研究所 統合失調症のモデルマウス開発に成功し、遺伝子治療によって認知機能障害みたいな症状を可逆的…

ベルソムラ入りました

ベンゾジアゼピン系のデパスを削ったかわりに入った薬がベルソムラ。 一般名はスボレキサント。 ひらたくいうと、覚醒を促進する物質を遮断することで眠気をもたらすそうな。 飲み心地は、よく寝たというか熟眠感がある気がする。二度寝することしばし。 た…

微熱継続中

今更ながら、「自己紹介」カテゴリの下に「病気」があるのってどうなんだろう。 ……それはさておき、入院してから朝の検温では毎日37℃越えが続いてました。結局36℃台になったのは1回か2回しかなかったと、記録にあります。 それはいまだに続いておりますが、…

無意見人

自分の意見がない、書き込みがないブログなんて価値がないのではないか。 かといって、本当に自分の意見がない人間なんてたぶんいない。 なぜ意見を公開しないのか。 1.そのコンテンツに無関心なのか? 無関心だったらそもそも題材に取り上げまい。流行に…

精神科閉鎖病棟に持ち込んで便利だったもの

前回に続き、持ち物のご紹介。今回は、リストには載ってないがあると便利なものを取り上げます。 ノート(罫線あり・なしの2冊を用意) これはいかようにも使うことができます。 日記をつけるもよし、小遣い帳にするもよし、無罫ならばスケッチブックの代わ…

精神科閉鎖病棟 持ち物リスト

というわけで、禍々しいタイトルですが、お付き合いください。 話をする前にどんな病院に行くか、はっきりさせておく必要があります。私が入院したのは、某大学病院の精神科病棟です。単科の精神科病院だとまた話が違ってくるかもしれません。 また、精神科…

生存報告

お久しぶりです。約1ヶ月ぶりでしょうか。思いがけず警備員生活が長引いていますが、体調は安定しています。ネット環境は現在構築中です。今回の体験をまとめた「シゾフレ」第2弾をそのうちアップしたいと考えています。短いですが、とりあえずそんな感じで。

病院警備員(無給)

久々の記事となりました。 タイトルがすべてを物語ってますが、今病院にいます。 ネット環境が整ったら本格的にブログを再開するつもりです。 しばしお待ちください。

最近調子が悪い(カウンセリング3回目)

最近、神経が過敏になってて外界からの刺激にまいってしまいがち。 加えて対人不安が増していて、相手にその気はないんだろうけど裏を読みがちになっている。 そういったもろもろの悩みを主治医に相談したところ、ジプレキサをMAXにするということで合意を得…

カウンセリング2回目

前回から始めたカウンセリングですが、2回目に行ってきました。 ゲーム依存関連は終わってしまった話。 日常生活で困っていることを話しに行ったのですが、今の悩みとして一番大きいものが希死念慮だったので、当面そっちに絞ることにしました。 おそらくこ…

カウンセリング初日

先日クリニック併設のカウンセリングルームに行ってきました。 初回ということで、こちらも一応現状をまとめた資料など用意して、当日臨みました(資料は特に要求されたわけでもなく、たまたま使えそうなものがあったので持っていっただけです)。 まずはカ…

カウンセリング初日にあたって

とりあえず今日予約を入れてある。 しかしゲーム依存の話はかたがついてしまったので、何を話したもんか。 最近体調が悪いのはたぶん花粉症のせいというのが濃厚になってしまった。 もし受けられるのであれば、ロールシャッハテストとWAIS IIIを受けてみたい…

どうも花粉症なのではないだろうか

先日書いた記事の続き。 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 火曜に検査結果が出たのだが、ハウスダスト、スギ、ヒノキで値が高かった。特にスギはぶっちぎり。 目がかゆくなるということがあまりなかったので疑ってなかったけど、これは花粉症の気配濃厚で…

頭痛と微熱と、ときどき悪寒

今週あたり、何だか頭が痛い。あと微熱(37.5度という超微妙な値)と時々、悪寒。 たぶん風邪だろうと思ってたのだが、朝は何ともないか軽く、熱と頭痛が昼ごろピークを迎える。 当然ながら医者にはかかっており、薬も飲んでいるのだが、ほとんど効果がない。 …

シゾフレ第11回(最終回)

前回のお話 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 私のケースレポート:現在に至る話(2度目の就職) 大学を卒業して引き続きデイケア、ハローワークと自治体の障害者就労支援センターの3者にお世話になり、就職を目指すことになった。 いつものようにデイ…

シゾフレ第10回(全11回)

前回のお話 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 私のケースレポート:就労と復学 さて、デイケアを十二分に満喫し、もう次のステップに進んでもいいよね、ということで就労の話が受け持ちさんと私のどちらからともなくあがってきた。私の場合、大学は中退に…

カウンセリングを受けようか

カウンセリングを受けてみようかと思い、先日の診察で日程調整をしてもらった。 「なんで今更カウンセリング?」と思うかもしれないので、そこまでの経緯を書いてみる。 私の相談に応じてくれるのは、今の病院、通っていたデイケア、障害者就労支援センター…

シゾフレ第9回(全11回)

前回のお話 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 私のケースレポート:デイケア 退院してから同病院の外来に通うようになった。大学病院ゆえか知らないが、1、2年の間に主治医が3、4人コロコロ交代した。しかし、入院時に服薬開始したジプレキサとレキソ…

シゾフレ第8回(全11回)

前回のお話 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 私のケースレポート:入院生活 気がつくと私は白い部屋にいた。ベッドで仰向けになり、両腕は固定されている。尿道にはカテーテルが挿入されている。私は一人その部屋にいる。 その部屋でどうやって過ごして…

弁当当番

私が勤めている会社は結構アナクロで、「庶務の女性」というポジションが未だに残っている。 その役割を担ってた方が産休に入ると、当時在籍歴の一番短かった(要するに一番下っ端だった)私がお弁当の注文をやるようになった。 で、まあ一番下っ端だからと…

「シゾフレ」第7回(全11回)

間が空きましたが、第7回ということでお付き合いください。 私のケースレポート:3年次休学~アクティングアウト まず、タイトルの「アクティングアウト」という用語だが、日本語では「行動化」と言い、とりあえず「何かやらかしちゃった」という程度の意味…

「シゾフレ」第6回(全11回)

過去エントリにも書きましたが、今回から自分の病歴を書いていくつもりです。 bittersweetchocolate.hatenablog.jp 1.私のケースレポート:大学入学~3年次休学(建物に近づけない) 先日の記事で一学期の始まる前すでにサークルを辞めたと言ったが、もう…

「シゾフレ」お知らせと精神医学ブックガイド

前回よりだいぶ時間が空いていて、読者の方には申し訳ないです。 私の病歴にあたる「私のケースレポート」だけはすぐ書き上がるのですが、以前愚痴った「本の紹介」とコラムについてはちょっと想定外の負担がかかっております。 このまま延ばし延ばしにする…

リ◯ップを半年試すと髪が生えるらしい

最近頭の前側のやや中心から左右にずれたあたりが寂しいのが気になってました。 (いわゆる「そり込みハゲ」?) 実際、親には「ちょっとハゲてきたんじゃない?」と言われるし、先日髪を切ったら自分でも露骨にわかるくらいその辺が薄いです。ちなみに父親…

「シゾフレ~2つの視点から~」 第5回 (全❓回)

ちょっと大学時代に書くことが多すぎて、大幅に容量アップしてしまいそうです。 【第5回】1.私のケースレポート:浪人生以上大学生未満(サークル小話)2.本の紹介:「ストール精神科治療薬処方ガイド 第?版」(まだ出てません)3.コラム:体液組成…

「シゾフレ」~チラシの裏~

チラシの裏のチラシの裏とか、どういうことだっていう感じですが、ただ今連載中の記事で、結構時間が取れなくて難儀しています。 特に本の紹介が結構大変。さらに連載予定記事数が伸びる一方なので、その都度ご紹介する本を選び、選んだ以上読まなくては、と…

「シゾフレ~2つの視点から~」 第4回 (全9回)

【第4回】1.私のケースレポート:浪人生時代~視線恐怖と対人恐怖~2.本の紹介:「対人恐怖・醜形恐怖」3.コラム:薬の作用点・アゴニスト・アンタゴニスト4.素朴な疑問:4年制薬学部って何を習うん?※変更点:経歴と病歴を分けて書くのが意外と難…

awakeningsとか賢者モードとか

業務連絡的に最初に書きますが、以下に書かれている事柄について、悲観的になっているわけではありません。別に人生を投げたりとかそういう行動には出ませんのでお願いします。 「賢者モード」については、男性読者の方はご経験のとおりで、女性読者の方は男…

「シゾフレ~2つの視点から~」 第3回 (全9回)

今回の目次はこちら。 【第3回】1.私のケースレポート:高校時代2.(1.の頃には特になかったので割愛)3.本の紹介:「マンガでわかる!統合失調症」4.コラム:4つの病期5.素朴な疑問:「錐体外路症状」という言葉はおかしい?

「シゾフレ~2つの視点から~」 第2回 (全9回)

今回の目次はこちら。 【第2回】1.私のケースレポート:中学時代(高校時代は別稿とします)2.病歴:(1.の頃には特になかったので割愛)3.本の紹介「統合失調症のひろば」4.コラム:ストレス脆弱性モデル5.素朴な疑問:薬が先か病気が先か(ち…

「シゾフレ~2つの視点から~」 第1回 (全8回)

今回から本格的にスタートということで、書いてみたいと思います。 今回の目次はこちら。 1.私のケースレポート:誕生~小学生時代2.病歴:(1.の頃には特になかったので割愛)3.本の紹介「ケースファイルで知る 統合失調症という事実 《電子増補版…

「シゾフレ~2つの視点から~」 第0回

今回は第0回ということで、簡単にブログ主の自己紹介をしたいと思います。

「シゾフレ~2つの視点から~」内容予定

bittersweetchocolate.hatenablog.jp というわけで、こんな感じでやっていこうという目次を作ったので以下掲載。 タイトルの「シゾフレ」は、統合失調症のドイツ語名「シゾフレニア」を、最近読み返した漫画「ラブロマ」(作:とよ田みのる)風に4文字にした…

統合失調症に関する連載を始めようかと思う~前書き~

自分のウリは何だろうと考えたところ、タイトルのような結論に至った。ただ、ほかのエントリは前と同じく続けていくつもりだ。以上。 ……といってもあまりにも唐突で意味不明なので、ちょっと経緯を説明したい。 最近、ブログのタイトルを変えたり、メニュー…

名前のない感情

もしも「死にたい」と言われたら 自殺リスクの評価と対応 作者: 松本俊彦 出版社/メーカー: 中外医学社 発売日: 2015/06/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る この本より引用。 自傷を続けることによる不利益は,一時し…

薬理学ってなんですか?

と聞かれた。非常に答えに困る。 前提として、私はせいぜい3コマ程度の学部の講義を受けただけであり、専門も別物の「素人に毛が生えたもの」と同等程度の関わりしか持ってないことをお断りします。あと、聞かれたのはホントですが、個人の特定につながると…

そういえば1年経っていた

そういえばブログを始めてから1年(とちょっと)経っていた。 だからといって何が変わるわけでもないが、自宅警備員の暇つぶしで始めたわりにはけっこう長く続いている。 そもそも私に日記を書かせれば、典型的な三日坊主に終わったことが多々ある。 何でブ…

あちらを立てれば

以前のエントリで漢方薬が劇的に効いたと書いたが、2週間位経つと、身体が慣れてきたのか耐性がついたのかしらないけど、徐々に効果が弱くなってる気がする。 漢方って意外とすごかったんだという話 - 苦くて甘いチョコレートbittersweetchocolate.hatenablo…

概念という紙ペラ

漢方って意外とすごかったんだという話 - 苦くて甘いチョコレートbittersweetchocolate.hatenablog.jp 上のエントリで「気分の落ち込みが綺麗さっぱり消えてしまった」と書いた。 たしかにそれは間違いない。しかしそれで症状がさっぱりなくなったかといえば…

漢方って意外とすごかったんだという話

今年のはじめから未だに微熱(正確には医学的な「発熱」のラインを下回っているので熱があるとはいえないのだが)があり、最初かかった耳鼻科に通い続けている。 その耳鼻科では漢方を使っていて、行くたびにコロコロ薬が変わるので、なんだかなぁと思ってい…

いわゆる「フルタイム」になりました

今年の4月から7.5h→8hの勤務時間になりましたが、まだ慣れてないせいかダラダラ仕事している感じがします。 と言いつつ、4/1、4/2ともさらに残業(たいした時間ではありませんが)したので、普通に帰れたのは今日が最初。 新入社員・転勤者などのシステムへ…

絶不調の波の間に

絶不調の波 - 苦くて甘いチョコレート 絶不調の波 - 苦くて甘いチョコレート 先日の上の記事が私の遺書だと思われると困る、ということを始めに書きます。 とりあえずは一山を超えてきました。 ご心配をおかけした皆さんには改めて謝罪いたします。 症状のま…

絶不調の波

ある意味今週のお題にフィットするのだが、こんなことを考えているのは私だけなんだろうか。主治医に見せた症状のまとめを貼ってみる。 ・「死にたい」という考えに「周囲に適応できず生きづらいから」という前段階が加わった。 ・「死にたい」という考えが…

文系の穴

小中学校は地元の公立の学校に通っていたので特に困ることはなかったが、高校は私立の高校に進んだ。そこでは高2までに受験に必要な学習内容は終わらせて、3年次には問題演習を行う、というスタイルだった。 しかし、高2までに全てのカリキュラムを消化でき…

普段映画を見ない人種でも気になった映画

今週のお題「ふつうに良かった映画」 白状すると、居間のテレビでスターチャンネルを契約したら、家族がそればっかり見るようになってしまい、居間に行くたびに「また映画見てんのかよ」と食傷気味ではある。 閑話休題。 「ふつうに良かった映画」というと、…

人生谷ありゃ谷もある

休養なうなのです。まあ2、3日ではありますが。 さんざん書いているので、もうウンザリと言われるかもしれませんが、ネタも特にないことですし、こんな話でお茶を濁そうかと。 率直に言えば、体調が悪い。身体的にも精神的にも。いや、身体的な方はほぼ治っ…

跡地

この記事は投稿者により削除されました。

幽霊の正体見たり枯れ尾花

電車に乗って、座席に座っている。 向かいに女性が座っている。 私は本を読むなりスマホで何か見るなりしている。 視界の隅に彼女の脚が入る。 私は平静でいられなくなる。 本で脚を隠す。スマホで視界を塞ぐ。 効果がない。 こうした私の行動は挙動不審なん…

薬学部ってどんなとこ?

(以下、薬学部にいた人には常識的な話題……のはず。ざっと読み流してください) 私の場合は中断期間はあるものの、4年制の薬学部を卒業した。 4年制の特徴は、早い話が研究者養成コースであるということ。従って4年制だと修士あるいは博士まで行かないと製薬…