チョコ煮

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

薬学部ってどんなとこ?

(以下、薬学部にいた人には常識的な話題……のはず。ざっと読み流してください)

 

私の場合は中断期間はあるものの、4年制の薬学部を卒業した。

4年制の特徴は、早い話が研究者養成コースであるということ。従って4年制だと修士あるいは博士まで行かないと製薬会社に研究者として入る道は相当厳しい。というか、修士・博士でも厳しい。はっきり言って私は論外な存在である。

背景には外資の参入と、それに対抗するべく合併してどんどん規模が大きくなる割に研究所を次々閉鎖する国内メーカーという現状がある。

一方、6年制はといえば、薬剤師養成コースと言っても過言ではないはず。とりあえず手に職が、しかも国家資格が手に入る。

しかし、4年制の薬学部を出ても、それで何かに秀でているとか専門知識があるとか言うのはなかなか難しい。物理・化学・生物をまんべんなく学ぶので基礎の知識はある(かは疑問だ)が、物理学科・化学科・生物学科を出ている人から見たらそんなに大したことはやっておらず、よく言えばゼネラリスト、率直に言えば器用貧乏だったりする。

薬学部だから薬の知識はあるんじゃない?と問われる話については以前のエントリで書いたが、往々にして熟練の患者さんには知識で負けることがある。そこはやはり自分で飲んでるという強みがある。

薬学独自の学問ってなんかあるかなと言われると言葉に詰まってしまう。薬物動態学くらいしか思いつかないが、そんなに大したことはやっていないと思う。だいたい1-コンパートメントモデルあたりで大半はケリがつくし。

薬学独自の学問があるというよりは、いろんな所から知識を引っ張りだして、個々の患者さん向けに加工して噛み砕くというのが、まあオーソドックスな薬学なのかなという気がする。よく言えば学際的な学問と言えなくもない。

 

……このブログの読者層がいまいちわからないが、もし薬学部を志している人がいたら、そして研究者になりたいなら、4年制から博士まで進むことを真剣に考えたほうが良い、というのが個人的な意見です。

そうでなければ6年制に行った方が無難です。あと薬剤師になりたいんだったら、授業料は高いかもしれないけど、私立に行った方が無難です。

まあ、研究者にしても薬剤師にしてもどこに勤めるかによって全然違ってきたりするんですけどね。

研究者志望と言っても勤め先は製薬会社に限らず、役所とか化粧品メーカーとか、あるいは3年次編入で医者になったりとか大学に残ったりとかいろいろあります。製薬でも開発とか薬事とかいろいろ部所はありますし。

薬剤師にしても病院、調剤薬局、ドラッグストア、治験コーディネーターなどなどいろいろですね。

薬学部関係なく一般企業に勤める人も多いのではないかと思います。

なんかとりとめのない話ですが、要するに薬学部に行きたいならその先も考えといたほうがいいですよ、という当たり前の話でございます。以上。