読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

読了:『「ズルさ」のすすめ』

日常 日常-読書

以前読んだ本がわりと良かったので、今回は2冊目です。

前回はこちら。

読了:「人に強くなる極意」 - 苦くて甘いチョコレート

 

で、今回はこちら。

 

「ズルさ」のすすめ

「ズルさ」のすすめ

 

 

タイトルでドキッとするけど、まえがきに「ズルさ」の本書での意味を細かく定義しています。

小並感ですが、至極まっとうなことが書いてあります。なんというか、物事を誠実に考える人であるという印象を持ちました。

著者の強面な人相からはちょっと想像がつきませんが、的確な状況分析に基づいた人間関係の機微を読み取るすべは、さすがに元外交官として伊達に死線を越えてないと頷かされます。

個人的には「第1章 人と比べない」と「第9章 嫌われることを恐れない」を特に興味深く読みました。馬の小便のアネクドートには思わずニヤリとしましたが。