チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

応用情報技術者試験 前夜

前回(26年秋)はすっぽかした。

今回もすっぽかすとそのままズルズル沼にハマりそうなので、一応記念受験ということで望むつもりだ。

秋試験以降これまで勉強したことについて振り返ると、

1.TACの「ニュースペック」の参考書で途中挫折(たしかアルゴリズムあたり)

 

ニュースペックテキスト 応用情報技術者 平成25・26年 (情報処理技術者試験)

ニュースペックテキスト 応用情報技術者 平成25・26年 (情報処理技術者試験)

 

 

2.わくわくスタディワールドの参考書で途中挫折(たしか第2章)

 

徹底攻略 応用情報技術者教科書 平成27年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

徹底攻略 応用情報技術者教科書 平成27年度 (Tettei Kouryaku JOHO SHORI)

 

 3.合格教本で勉強するも、まだ4章のシステム要素を読んでる途中

 

平成27年度【春期】【秋期】 応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

平成27年度【春期】【秋期】 応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)

 

 ※ ちなみに過去問はまだ解いていない模様

 

……やばい。絶望しかない。

 

これで不合格になることで、秋に向けて決意を新たにできる……のかな?

見ればわかるが、とにかく参考書の変えすぎ。迷走していることがはっきり分かんだね。

合格教本は難しすぎると思ったけど、結局この本が説明は一番丁寧。

 

欠点ばかりあげてアレだが、ニュースペックは図や表で重要事項をさらっと流すので覚えづらい。あと無駄にカラフル。

わくわくは過去問を解いて覚えましょう、というスタンスで、最初に説明はあるものの、いきなり習ってない部分の問題を解かされる。確かに記憶には残るが、ちょっと扱いづらかった。

合格教本も文章がとっつきにくく、基礎理論が無駄に丁寧。あと、確認問題がちょっと少なすぎる。

それぞれに合わないところはあったが、致命的に勉強時間が足りないということは否めない。

明日、おそらく受けた感想を書こうと思うけど、お通夜モードになるでしょうね。

今日はこのへんで。