チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

「シゾフレ~2つの視点から~」内容予定

 

bittersweetchocolate.hatenablog.jp

 というわけで、こんな感じでやっていこうという目次を作ったので以下掲載。

 

タイトルの「シゾフレ」は、統合失調症のドイツ語名「シゾフレニア」を、最近読み返した漫画「ラブロマ」(作:とよ田みのる)風に4文字にしただけで、特に深い意味は無いです。そういう用語や一般的な呼び名があるわけではありません。

 

2つの視点とは、当事者目線と薬学部卒の人目線ということで、これは後のエントリ(第0回)で詳述します。

 

とりあえず、こんな感じでいきます。全8回+αの予定ですが、実際に書いてみたわけではないので増減する可能性はあります。

 

 

「シゾフレ~2つの視点から~」

《内容》

【第0回】
・チョコは何者か(主に医療との関係について)
・どんな症状がある・あったか
・飲んでる薬は何か
・どんな仕事をしているか


以降
1.経歴
2.病歴
3.本の紹介
4.病気・薬のコラム
5.素朴な疑問

【第1回】
1.小学生時代
2.(割愛)
3.「ケースファイルで知る 統合失調症という事実」
4.統合失調症の疫学
5.薬学部に行くには?

【第2回】
1.中学・高校時代
2.(割愛)
3.「統合失調症のひろば」
4.ストレス脆弱性モデル
5.6年制と4年制

【第3回】
1.浪人生時代
2.視線恐怖と対人恐怖
3.「対人恐怖・醜形恐怖
4.薬の作用点・アゴニスト・アンタゴニスト
5.4年制薬学部って何を習うん?

【第4回】
1.大学生時代~アクティングアウト
2.希死念慮
3.「精神病」
4.神経ネットワークの構造・血液脳関門
5.プロドラッグ

【第5回】
1.入院
2.陰性症状
3.「統合失調症
4.ドパミン仮説(1)定型抗精神病薬
5.薬学とコンピュータ

【第6回】
1.外来・デイケア
2.認知機能障害・カクテルパーティー効果
3.「心理療法ガイドブック」
4.ドパミン仮説(2)非定型抗精神病薬
5.SST認知行動療法

【第7回】
1.就労・復学
2.眼瞼痙攣
3.「ストール精神薬理学エセンシャルズ」
4.グルタミン酸仮説と新規抗精神病薬の展望
5.薬は飲んでからいつまで効いてるのん?

【第8回】
1.現在
2.視線恐怖と対人恐怖再び
3.「Kaplan & Sadock's Synopsis Of Psychiatry」
4.抗不安薬睡眠薬
5.病識