チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

Exact Audio Copy (wav+cue) → Appleロスレス可逆圧縮 (ALAC)

対象:iPhoneiPod等のApple製品で音楽を聴いていて、iTunesで管理されている方

 

イヤホンなりポータブルアンプなりを買いそろえていくと、今までmp3ファイルで保存していた音楽ファイルではどうしても我慢できなくなってきます。

本の整理のついでにCDも整理する機会があったので、取り込み直している次第です。

 

工程としてはタイトル通りであり、

  1. Exact Audio Copy(以下、EAC)でCDをcueシートとwavにリッピング
  2. DAEMON Tools Liteでcueシートをマウント
  3. iTunesでALACに変換

といった具合となります。

 

ついでに言うと、EACでリップしたcueシートとwavは、wavファイルをapeとかFLACに圧縮したのち、WinRARでリカバリレコードを付けて圧縮・保存してます。

 

余談ですが、パッケージソフトを除いた、いわゆるシェアウェアでお金を払ったのは、WinRARと秀丸エディタくらいです。どっちも超おすすめなので使ったことのない方は是非お試しあれ。

 

では工程について一つ一つ説明を、と思いましたが、各ステップの説明ははっきり言って車輪の再発明なので、詳しいページへのリンクでご勘弁ください。

 

1. EACでCDをcueシートとwavにリッピング

長文ですが、とっても丁寧に解説してくださってます。

リッピングソフトExact Audio Copy(EAC)のインストール&日本語化手順 | ハウツーIT

 

EACでCDを取り込む手順 | ハウツーIT

まで終了したら、私の場合はWavePack形式を使ってないので、手順2に移ります。

 

2. DAEMON Tools Liteでcueシートをマウント

実はDAEMON Tools Lite単体でCDをリップすることは可能なのですが、音質の面からEACを使った方が無難と判断しています。

freesoft-100.com

 

3. iTunesでALACに変換

やっと最終工程にたどり着きました。エンコードの設定をしたら、2. の要領で仮想ドライブにマウントし、あとは普通のドライブにCDを入れたのと同じようにして iTunesに取り込めばOKです。

ringo-kirara.com

 

3. の工程でFLACに変換し、NePlayerやHF Playerで聴くのも一手でしょうが、私は管理の簡便さからALAC形式でファイルを管理しています。

 

問題は、やはり容量を食うことですね。可逆圧縮の宿命と言えます。