チョコ煮

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

セキュスペ改め

情報セキュリティスペシャリスト(通称セキュスペ)から「情報処理安全確保支援士」に資格が変わりました。

しかしいまだに検索しないと名前が思い出せない。長いので、以降単に「支援士」と書きますね。

実はこの秋もセキュスペを受けるか、ネットワークスペシャリスト(通称ネスぺ)を受けようか迷ってたんですが、支援士に代わるということで様子見でちまちま勉強してました。

で、下のリンク(2016/11/5閲覧)の情報が公開されたので見てみると……。

www.ipa.go.jp

中ほどの「4.支援士が受講する講習について」の項が目を引きました。

以下、引用。

 支援士登録後は、登録日を起点として1年の間に1回6時間のオンライン学習と、3年に1回6時間の集合講習(グループ討議を含む)を受けることが義務付けられます。講習は知識・技能・倫理の3科目で、毎年内容のメンテナンスを行うため、常に最新の情報セキュリティについて学ぶことができます。所定の講習を期限までに未受講の場合は、法律に基づき登録の取消し又は名称の使用停止になる場合があります。講習費用等については、11月初旬を目途に決定次第、当ホームページに掲載します。(オンライン・集合講習を含め3年で15万円前後に設定予定) 

 最後のカッコを読むと……「3年で15万円前後」

 

うーん、これはちょっと出せませんね。資格維持のため年5万、会社でどう扱われるか未定、とあっては難しい。

 

実際、他のニュースサイトなどにはちらほら批判を見たような気がしますが、このシステムを見て、「ネスぺ受けよう」と私は思いましたとさ。