読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

タブレットを久々に起動したら立ち上がらなくなっていた話

ICT ICT-ガジェット

Linuxを入れようと書いていたWindowsタブレットを起動したら、

0xc0000428エラーでブルースクリーンさえ出ない。

結論としては、クリーンインストールすることとなった。

 

以下、経緯の説明。

入っているのは、Windows10 Home(32ビット版)のAnniversary Upgrade(ビルド1609だっけ?)あたりまで。

英文のエラーメッセージを読んでいくと、「デジタル証明書にエラーがあって進めませんよ」という趣旨の記述だった。

これではLinuxにするどころか、Windowsのバックアップも取れず話にならない。

 

引っ越しの際にWindows10の母艦PCから作った回復ディスク(USBメモリ)があったので、USBハブ経由でつないでみたが、ブートローダでの選択肢に表示されない。

 

うーん、どうすればいいんだ。

 

考えることしばしだが、用意した回復ディスクは64ビット版PCから作ったものなので、そこが引っかかってるのかもしれない。かといって、32ビットで動いているマシンは手元にない。

 

裏技として、仮想PC上に32ビット版Windows10環境を構築して回復ディスクを作成するという手段がありうるが、ライセンス的にオッケーなのか定かではないので、今回はやめておいた。

 

仕方がないし、大したデータが入っていたわけでもないので、クリーンインストールすることにした。

Webから32ビット版Windows10Homeのイメージをダウンロードして、USBメモリにセット。で、ハブ経由でタブレットにつないでみると、今度はちゃんと認識する。

謎。というか、やっぱり32ビット版でないと認識しないんではないかな、と考えざるを得ない。

 老婆心ながら書いておくと、Yogaタブの音量+ボタンと電源ボタンを同時押ししながらタブレットを起動するとUSBメモリから起動が可能である。

 

ここで、クリーンインストールの前にワンチャン。

 

リカバリしてしまう前にコンソールを使ってコマンドで何とかするという方法がある。例えばこれ。

 

answers.microsoft.com

 

下の方にRatandeepさんが書いた方法(bootrecコマンドを使用)があるので試してみたが、私の環境では改善しなかった。しかし、このページにたどり着いた方には通用するかもしれないので、一応書いておく。

 

結局、万策尽きたので、作ったUSBメモリからタブレットクリーンインストールしたが、母艦PCでこんなことにもしなったら……と考えるだけでぞっとする話である。