チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

ポレポレヤバい

TOEICを受けるんだけど構文とか忘れてて文意がとれなくて困ってる、と友人に言ったら、彼曰く、TOEICでそんなに難解な構文というのは出ないが構文をとりたいなら良い一冊があるよ、ということで紹介されたのがこちら。

 

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

 

 届いてみると、厚さも薄く分量もそれほどでもないので、1か月かからず回せるかな?とか思ってました、本を開くまでは。

 

例題15を解いてみて一言。

 

 

( д) ゚ ゚

 

 

……というのは大げさかもしれないですが、全体的に相当難易度が高く感じられますね、この本。(ちなみに例題15の文章はググったら出てきます)

 

しかし、どうやって使ったらいいモノやら。

ネットで検索して多かったのは、例文を全て日本語訳する、というやり方ですが、あと1か月ではちょっと厳しい。

とりあえず構文がとれればいいと割り切って、例文の構造を自分なりに解いてから解説を読む、というやり方をとってます。

しかしこれはちょっともったいないやり方でして、周回するときに例文の意味を覚えている、あるいは解説の内容を覚えているために、その例文に関してだけは読めてしまうけど応用が利かないということになりかねないわけです。

それでも解説の内容覚えてるなら、ある程度は解けるようになるのでは?とも思いますが、どうなんでしょうね。訳文作った方が血肉になるのは間違いないでしょう。

でもやらないよりはやった方がマシなので、使いつぶしている感はありますが、とりあえず1週回そうと思います。