チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

書ければ書きたい『Linux ハマり事』

最近はとあるソフトの検証環境にCentOSRed Hat Enterprise Linuxを構築する作業をしている。

 

知識ゼロから始めたけど、なんとか目的ソフトが動作する環境構築ができるようになった。もっとも、その間あっちでぶつかりこっちでぶつかりして、もはや満身創痍である。

 

そんな中で経験したハマり事をまとめてご紹介できれば、少しは役に立つのかなという気がするが、どれだけ需要があるのかは謎である。

 

とりあえずサンプルとして下に記しますね。

 

 

CentOS 6の最小インストールをGUIで実施した場合、インスト完了直後はテキストベースの環境となるので、初見殺しになりうる。特にネットワーク周りが鬼門。とにかくネットワークにつながらなければ、追加パッケージのインストールも情報収集もままならない。CentOS 6系では下記パスを適宜編集することでつながるようになるかも。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

特に

ONBOOT=yes

に書き換えるのが吉。

 

ApacheとかpostgreSQLとかをソースからインストールをした場合、必要なモジュール(例:hogehoge-fuga.so.X)が足りてない場合がある(インストールログなどに書いてある)。足りないモジュールをインストールするには下記方法でどこにあるのか調べるとよいかも。

yum provides hogehoge-fuga.so.X

インストールするには

yum install hogehoge-fuga.so.X

とやって引っかかればOKかも。

 

・そもそもインストールログってどこにあるんだ、という疑問には……

 

……いかがなもんでしょうか。