チョコ煮

チョコ煮

いろんな素材をチョコで煮ます

TeamsのPC起動時自動起動を阻止する方法のまとめ

というのを調べてこいという話があったので、以下に記す。


Office365 ProPlusをインストールするとMicrosoft Teamsというアプリがくっついてくるのだが、削除しても復活する上に、PCを起動すると毎回起動してサインイン画面を表示するのがかなりうっとおしい。Teamsアプリ自体がけっこう重いので、起動時のタイムロスにつながるというマイナスポイントもある。

したがって、特に使わないなら自動起動をなくしたいとの話であった。

 

MS公式で下記リンクの情報があったのだが、グループポリシーで制御するにはTeamsをインストールする前にやらなくてはいけないらしい。

docs.microsoft.com

 Teams がインストールされる前にこのポリシー設定を有効にすると、ユーザーがデバイスにログインしたときに、Teams が自動起動しません。 ユーザーが初めて Teams を起動すると、次にユーザーがデバイスにログインしたときに Teams が自動的に起動するように構成されます。 Teams 内でユーザー設定を構成することにより、ユーザーは Teams が自動的に起動しないように構成できます。

 ではインストールした後だったらどうすればいいんだ、と言えば、設定(歯車)-アプリースタートアップと辿り、Teamsをオフにすればいいらしい(試してないがたぶん大丈夫)。

 

これで話は終了なのだが、TeamsをPCから抹消したい、もう顔も見たくないという人には続きがあって、アンインストールの際、「Microsoft Teams」だけを削除するのではなく、「Teams Machine-Wide Installer」も同時に削除しないと復活するとのこと。

 

これで終わりかと思えば、自動起動を阻止するためのもう1つ方法があって、レジストリと設定ファイルを書き換えてしまうという方法があるらしい。詳細は下記リンク参照。

techcommunity.microsoft.com

chenryleeさんの2019/7/3 8:56AMの投稿でworkaroundとして書いてるPowerShellスクリプトがそれ。

私は試してないので何とも言えないけど、やってることはレジストリ削除とJSONファイルの書き換えなので、たぶんインストール後に何とかする方法として選択肢にはあがるだろう、という気がするが……くれぐれも自己責任でお願いします。いじょ。